Komoda Law Office News

2017.05.12

○「親権停止」最多83件

虐待やネグレクト(育児放棄)などをした親に対し,全国の家裁が出した「親権停止」の決定が,昨年1年間は83件と過去最多だったことが最高裁の集計で分かった。親権停止は2012年4月に始まった制度で,活用が進んでいることをうかがわせた。最高裁は「児童相談所長による申し立てが増えたことが要因」と分析している。子供本人や親族からを含めた停止申し立ての総数も増加傾向にあり,昨年は初めて200件を超えた。

 

親権停止とは,虐待やネグレクトがある場合に,子供本人や親族,児童相談所長,検察官が申し立てし,審判で親権を最長2年間停止する仕組みです。
弊所では離婚や親権に関わる案件を数多く取り扱っております。親権についてお悩みの方は,まずは無料相談にお越しください。

 

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook