Komoda Law Office News

2017.04.18

○ 車業界 ベア中小が逆転

自動車総連は4月4日,春季労使交渉のベースアップ(ベア)の回答状況を中間集計した。トヨタ自動車などの完成車メーカーが軒並み前年割れとなる一方,人手不足への危機感をバネに組合員数300人未満の中小企業が大幅に伸びた。既に年収水準が高く,厳しい国際競争にもさらされる完成車メーカーが相場形成をリードする構図が変わってきた。

 

 

自動車総連によると,4日までにベアの回答のあった組合のうち,組合員数300人未満の労働組合の平均回答額は1,274円と,同3,000人以上の平均である1,253円を上回りました。

このような逆転現象は,2014年に現在の方式を採用して以来初となります。今年は,相場形成をリードするはずのトヨタ自動車の交渉状況が伝わらず,全体的に厳しい交渉となりました。

 

当事務所は,労働事件にも力を入れておりますので,労働事件でお困りの企業経営者の方は一度ご相談にいらしてください。

 

 

 

 

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook