Komoda Law Office News

2016.06.16

【残業代請求権の時効期間①】

労働基準法において、未払い分の賃金は時効により2年で消滅すると規定されています。

ここでいう「賃金」とは,労働の対償として支払われるものすべてをいうため、残業代も含まれることになります。

そのため、残業代も請求ができるようになってから2年経過すると時効で消滅してしまうことになります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook