Komoda Law Office News

2016.06.16

【労働時間規制の適用除外⑥】

③監視・断続的労働従事者

監視または断続的労働に従事する労働者については、労働基準監督長の許可を条件に労働時間規制の適用除外が定められています。このような労働者については、常態として、身体的・精神的緊張が少なく、労働密度の薄いことが適用除外の理由とされています。

なお、業務自体は監視・断続的労働にあたるとしても、行政の許可を得ていない場合には、適用除外は認められないこととなっています。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook