Komoda Law Office News

2016.04.25

遺言の撤回④ 遺言書または遺贈目的物を破棄した場合

撤回意思が遺言で表示されていない場合でも、遺言者が前の遺言書や遺贈目的物を故意に破棄したときは、破棄した部分について、遺言を撤回したものとみなされます(1024条)。このような事実行為を故意に行ったことに撤回意思を認めることができるからです。そのため、遺言者が過失によって遺言書を破棄したときは、撤回の効力は生じません。

遺言者が遺贈目的物を過失によって破棄した場合には、撤回の効力も、遺贈の効力も生じません。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook