Komoda Law Office News

2017.05.26

〇決算短信の簡素化始まる

東京証券取引所は2017年3月期末から決算短信の簡素化を容認。売上高や純利益などを記載する表紙の内容を自由にしたほか、中程にある配当方針や経営指標などの開示を任意とした。

野村証券の調べによると、TOPIX1000採用銘柄で19日までに17年3月期決算を発表した760社のうち、31%にあたる234社が短信から利益配分の説明を削除した。
パイロットコーポレーションが8日に発表した17年1~3月期の決算短信では、配当方針だけでなく決算の内容に関する説明も削除し、投資家から批判が殺到。会社側は「やり過ぎた面があった。次の短信では見直す予定」と釈明する。

 

決算短信は、上場会社の決算情報として最も早く開示される資料であり、投資家にとって、投資を行う際の重要な参考資料の一つとなっています。
決算短信の簡素化は、企業の事務負担を減らす反面、投資家に対する情報公開を後退させてしまいますので、簡素化する際には慎重な判断が必要です。

 

当事務所では、企業経営の効率化や透明性確保に関するご相談にも対応させていただいておりますので、お悩みの方はお気軽にご連絡ください。

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120‐755‐687)までお問合せください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook