Komoda Law Office News

2017.04.19

○ 遺産争いの法定相続分預金 最高裁 払い戻し認めず

遺産相続をめぐって親族間の争いがある場合,法定相続分の預金を払い戻せるかどうかが争われていた訴訟の上告審判決で,最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は6日,預金の払い戻しを認めない判断を示しました。

 

 

これまでの判例では預貯金が「遺産分割」の対象外でしたので,相続人全員の同意がなくても自分の相続分について払い戻すことが認められていました。

しかし,昨年12月の大法廷決定は15人の裁判官全員一致で過去の判例を変更しました。すなわち,預貯金も相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく,「遺産分割」の対象になると判断したのです。

平成28年の大法廷決定で判断されたのは,普通預金債権,通常貯金債権及び定期貯金債権でしたが,平成22年には最高裁において既に定額貯金について遺産分割の対象になると判断されていましたので,預金債権については遺産分割の対象になると考えられます。

今回の判決は,この大法廷決定の流れを受けたものであると考えられ,今後も同趣旨の判決が続くでしょう。

 

当事務所では相続問題の件数が全体の3~4割を占めており,これまで,相続に関する相談件数・取扱件数は九州トップクラスです。

相続問題でお悩みの方は安心してご相談ください。

 

 

 

 

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook