Komoda Law Office News

2016.08.04

25.可分債務・不可分債務の相続性

金銭債務のような可分債務は、共同相続人の間において、法定相続分に応じて分割承継されるとするのが判例及び通説です。

 また、例えば競走馬一頭の交付や建物の引き渡し義務のような不可分債務に関しては、共同相続人が不可分給付義務を負うことになります。

 そして、共同相続人のうちの一人が上記のような不可分債務を履行した場合、相債務者のために債務が消滅することになります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook