Komoda Law Office News

2016.07.29

13.特別受益者の相続分(4)

代襲相続がされた場合、被代襲者が被相続人から贈与(特別受益)を得ていたときは、代襲相続人はこの受益分を持ち戻す必要があるのでしょうか。

 この点、代襲相続では、「代襲相続人は被代襲者と同一の法律上の地位にたち、被代襲者と同一の取り扱いを受けるべき」と考えられていますので、被代襲者が得た特別受益については、代襲相続人に持戻しをさせるのが妥当であると解釈されます。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook