Komoda Law Office News

2016.06.16

【残業代の支払い義務】

前回に述べた2種類の残業のうち、労働基準法によって割増賃金の支払義務があるのは法外残業(法定時間外労働)だけです。

法内残業については、労働基準法において特に割増賃金の支払義務は定められていないため、法内残業を行った場合にいくらの賃金を支払われるのかは労働契約ないし就業規則における賃金規定の規定によって決まることになります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook