Komoda Law Office News

2016.06.16

【残業とは】

残業とは、通常「所定労働時間」を超えて行われる労働のことをいいます。

「所定労働時間」とは雇用契約上、労働者が始業時刻から終業時刻までの通常勤務することが義務付けられている基本的な労働時間のことをいうため、所定労働時間は各会社によって異なります。

これに対して労働基準法32条で定められた労働時間の上限である「法定労働時間」があり、1週40時間、1日8時間が原則とされています。

労働基準法では、法定労働時間を上回る労働時間の設定は原則禁止されているため、通常所定労働時間は法定労働時間と同じか、これを下回ったものとなります。

そのため、所定労働時間が法定労働時間を下回った場合には、同じ残業であったとしても法定労働時間内で収まる残業と、そうでない残業が生じることになります。

前者のような残業を「法内残業」といい、後者を「法外残業(法定時間外労働)」といいます。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook