Komoda Law Office News

2016.06.15

■離婚調停―方法

調停の方法として、「同席調停」と「別席調停」の2種類があります。

同席調停とは、申立人と相手方の双方を同時に調停室に呼び、双方が同席している状態で調停を進行させる方法です。

別席調停とは、当事者を別々に調停室に呼び、相手方がいない状態で調停を進行させる方法です。

 基本的には、別席調停で行われますが、調停成立のタイミングや手続き面の説明で双方の同席を求められることもあり、どちらの方法で調停を行うかは、当事者双方から個別に意向を聞いて決定することになります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook