Komoda Law Office News

2016.05.20

養育費(1)

養育費とは、未成熟の子を育てていくために必要な費用のことをいいます。

養育費というのは、本来、子が親に対して支払いを請求できる性質のものですが、通常は、子を引き取っていない方の親(非監護者)から、監護者である親に対して支払われます。

 

未成熟子とは、社会的・経済的に自立をしておらず、親の扶養や援助を必要とする子のことをいうため、未成年であっても自立をしていれば未成熟子にはあたらず、逆に、成年であっても経済的に自立をするまでは、未成熟子に含まれます。

 

もっとも、法律で「養育費支払いは、子が経済的に自立をするまで」と決まっているわけではないので、離婚の際の夫婦の話し合いや調停で、“子どもが成人する日まで”、“大学を卒業するまで”といった約束にしておくことは可能です。いずれにせよ、離婚時にはっきり決めておかなければ、後からトラブルの原因となりかねません。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook