Komoda Law Office News

2016.04.13

動産売買の先取特権の実行①動産売買の先取特権とは

何かしらの物の売買が行われた場合において、商品の引渡しと代金の支払いが同時に行われるのであれば、売主が代金を回収できないという事態は通常生じないでしょう。しかし、商取引等においては、先に商品を引渡しておいて、代金の決済は後日まとめて、ということが往々にして行われます。このような取引においては、いざ売主が売掛金を回収しようと思ったら相手にお金がないと言われた、というようなことが起こりかねません。それで一切売掛金を回収できなくなるのでは困るので、売主は、動産を売却したのと同時に、「動産売買の先取特権」という権利を自動的に取得することになっています。

「動産売買の先取特権」という法定担保物権がみとめられることにより、売主は、売却した目的物から優先的に弁済を受けられることになるのですが、具体的に、どのようにして優先弁済を受けられるのかについては、【動産売買の先取特権の実行②実行方法】でご説明します。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook