Komoda Law Office News

2015.12.01

遅延損害金と利息の違い

利息は、貸主と借主が約束をした場合に限って発生するものなので、利息について定めをしていなかった場合、貸主は借主に対して利息を請求することはできません(※商人間の契約の場合は除く)。

これに対し、「遅延損害金」は、“遅延損害金を取る”旨の約束が当事者間でなされているか否かに関わらず、貸主が借主に対して請求することができるものです。

遅延損害金が、遅延利息と呼ばれることもあるために通常の利息と混同されがちなのですが、通常の利息は、いわば“お金を借りている間の利用料”としての性質をもつのに対し、遅延損害金は、“約束の返済期までに返済できなかったことに対する損害金”の性質をもつため、このような違いが生じてくるのです。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook