Komoda Law Office News

2016.05.20

養育費(3)

離婚時に養育費の額をきちんと話し合い、決めていたとしても、その後の事情の変化で額の変更が必要となる可能性は十分に考えられます。

たとえば、子が病気をして手術費・入院費が必要になったり、留学の費用が必要になったりといった場合には、養育費の増額が望まれるでしょう。あるいは、養育費を支払っている親が再婚して子どもが生まれたり、リストラされて経済状況が大きく変化したりといった場合は、養育費の減額が必要となってきます。

 このような場合には、夫婦の話し合いで取り決めの内容を変更することが可能ですが、話し合いでは協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook