Komoda Law Office News

2016.04.21

遺言の自由の制限

前回遺言の自由について説明しましたが、この自由には一定の制限が設けられています。

法律行為の自由は、法律行為をするかどうかについての自由、相手方選択の自由、方式の自由、内容形成の自由という原則からなります。しかし、遺言については、方式の自由と内容形成の自由が制限されています。また、遺言者の財産に対する相続人の相続権も保障する必要があるため、遺言者が自由に処分できる財産の範囲も制限されています。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook