Komoda Law Office News

2016.04.07

債権回収の場面①貸付金回収

債権回収が行われる代表的な例として、貸付金の回収というのがあります。お金を貸している相手方が、返済すべき期日を過ぎているにもかかわらず支払いをしてこないという場合に行うのが、この貸付金回収です。

また、いまだ返済すべき日(弁済期)を過ぎていない場合であっても、このまま弁済期がくるのを待っていたのではお金を回収できそうにない、というようなケースでは、貸付金回収を行う必要があります。たとえば、相手が破産の手続きに入ったような場合です。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook