Komoda Law Office News

2015.12.04

連帯保証人と連帯債務者のちがい

連帯保証人と混同されてしまいがちなものとして、「連帯債務者」というのがあります。もしあなたが友人の借金の連帯債務者となっている時、それは、友人の借金を保証しているという立場ではなく、その友人とともに借金をしているという立場におかれていることになります。

したがって、たとえば200万円の借金の連帯債務者となっている場合、半分である100万円部分についてはあなたが責任をもって返済しなければなりません。そのため、友人が200万円を返済したというので安心していたら、100万円についてあなたに請求(求償)する、ということも考えられなくはないのです。

たしかに、連帯保証人であっても貸主からまずあなたに請求がきたとすると、単なる保証人とは異なりこれに応じなくてはならないということになるのですが(【保証人と連帯保証人のちがい】参照)、連帯保証人の場合は、上手く回収できるかどうかは別として、借主に変わって貸主に支払った分について、貸主に請求することが可能です。この点で連帯保証人と連帯債務者とは異なっているといえます。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook