Komoda Law Office News

2019.01.28

商標登録の手順(2)~審査・登録~

③ 審査
審査には、出願後半年~1年程の期間がかかります。特許庁には非常に多くの商標登録出願が日々あり、それらを順番に審査していく必要があるからです。

審査終了までは時間がかかるので、出願は思い立ったらすぐに取り掛かるのが良いでしょう。
特許庁による審査が終わると、特に問題がなければ登録査定がなされます。一方で、何か出願内容に問題があり、登録ができない場合は、「拒絶理由通知」で知らされます。ここで「意見書・補正書」を提出し拒絶理由がすべて解消されると登録査定となります。
しかし、解消されなければ拒絶査定となってしまいます。

④ 登録
査定が出た後、特許庁に所定の登録料を納付すると、登録が完了し商標権が発生します。約1か月後には登録証が届きます。このような流れで商標登録に必要な手続きは終了です。
注意しなければならないのが、登録から10年間が有効期間なので、有効期間経過後も継続して商標を利用したい場合は更新手続きを行う必要があります。そうすることで半永久的に効力が持続します。

 

菰田総合法律事務所では、商標権の侵害などの相談も承ります。
まずは相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。
ご契約後はチャットツールなどでも相談のやり取りが可能!
福岡県内(福岡市、古賀市、糟屋郡、北九州市…)、長崎県など九州各県の方もお気軽にお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook