働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)

働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)

概要

新型コロナウイルス感染症対策として、テレワークを新規導入する中小事業主に対してその費用の一部を助成するもの

支給額

補助率:1/2
上限額:100万円

【要件】

  • ①事業実施期間(令和2年2月17日~5月31日)中に助成対象の取組を行うこと
  • ②事業実施期間中にテレワークを実施した労働者が1人以上いること

助成対象となる取組

・テレワーク用通信機器の導入・運用
・就業規則・労使協定等の作成・変更
・労務管理担当者に対する研修
・労働者に対する研修、周知・啓発
・外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング 等

Q&A

パソコンやタブレットの購入費用は対象になりますか?
対象にはなりません。ただし、レンタルやリースについては、5月31日までに利用・支払いした分については対象となります。
テレワークする回数に決まりはありますか?
令和2年2月17日から同年5月31日までに、労働者1名以上かつ1回以上が要件となっています。

その他

管轄省庁:厚生労働省
ホームページ:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html
(外部リンク)
問い合わせ:テレワーク相談センター 0120-91-6479

予約専用ダイヤル 0120-755-687 WEB予約
WEB予約
オンライン相談ができます
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook