Komoda Law Office News

2015.03.24

解雇の種類

労働法が予定している解雇には、大きく分けて①普通解雇と②懲戒解雇の2種類があり、①普通解雇はさらに()狭義の普通解雇と()整理解雇の二つに分かれます。

 

①普通解雇

普通解雇とは、企業の就業規則に定められている“解雇事由”に該当する事情が存在することを理由に行なわれる解雇をいいます。

 

()狭義の普通解雇・・・解雇事由が労働者側に存する場合。

具体的には、労働者の傷病、能力不足・適格性の欠如、職務懈怠、経歴詐称、事業理念違反、不正行為等を理由とする解雇です。

 

()整理解雇・・・解雇事由が会社側に存する場合。

これは、主に経営上の必要性がある場合に、人員の削減を目的として行なわれる解雇です。()の場合とは異なり労働者には落ち度がないにもかかわらず使用者側の都合で行なわれる解雇ですので、これを行なおうとする使用者には、より厳しい要件が課されます。

 

②懲戒解雇

 

懲戒解雇とは、企業秩序違反行為に対する制裁の一つ(他には減給、出勤停止、降格等があります)としての解雇をいいます。懲戒事由としては、狭義の普通解雇の解雇事由にあったような経歴詐称や不正行為、業務命令違反等が挙げられるのですが、程度においてより重大である場合に、懲戒事由となり得ます。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

 

2015.03.23

遺留分とは?

 

遺言を作成することによって相続人が相続出来ないことがあります。そのような不利益を防ぐために、遺産のうち一定の割合を取得できることを保証したものを「遺留分」といいます。もし、自身が受け継いだ財産が遺留分に満たないときは、「遺留分減殺請求権」とよばれる権利を行使することができます。

 

ただし、「遺留分減殺請求権」には時効があります!!!

 

遺留分の侵害を知ってから1年以内、相続開始後10年以内!!

 

その間に、権利を主張しなければなりません。

 

 福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

 

2015.03.18

退職勧奨

合意解約には、労働者の側から辞職届を提出して行なわれる場合もあれば、使用者の側から労働者に対して、退職合意書にサインをするよう求める等の働きかけが行なわれる場合もあります。このような使用者からの働きかけは“退職勧告”ないし“退職勧奨”といって、あくまで強制力のない“勧告”ですので、労働者がこれに応じなければ、合意解約は成立しません。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

2015.03.18

相続とは?

相続とは、「ある人が死亡するといったきっかけによって、その人所有の財産や不動産、権利などを親族等がすべて受け継ぐこと」と定義されています。ひとつ注意する点があります。それは、相続は被相続人が亡くなったその瞬間から勝手にスタートする、ということです。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

2015.03.18

解雇と合意解約

使用者による、労働契約の一方的な解約を解雇というのに対し、使用者と労働者の合意により労働契約を終了させることを、合意解約といいます。労働契約の終了という点ではどちらも同じなのですが、使用者の一方的な意思かそうでないか、つまり、労働者の同意があるかないかが異なります。当然、解雇の方が使用者にとっては厳しい手続きを要求されます。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

2015.03.18

不当解雇とは?

まず、解雇とは、使用者による労働契約(雇用契約)の一方的な解約のことをいいます。そして民法上、期間の定めのない労働契約においては、労働者が退職の自由を有している反面、使用者にも解雇の自由が認められます。しかし、簡単に労働者を解雇することが許されてしまうと、労働者の地位はきわめて不安定なものとなってしまいます。そこで、会社側の解雇の自由は、労働法の様々なルールによって制限されています。

 

そして、このルールを守らずに行なわれた解雇が“不当解雇”であり、そのような解雇を告げられた労働者はその有効性を争ったり、解雇は認めるとしても会社側に慰謝料を請求したり、という法的手段を採ることとなります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

2015.03.04

遺産相続のご相談について

 

当事務所にて遺産相続の無料相談を受け付けております。

相続対策や相続が発生してもめているなど、まずは早期のご相談をおすすめしております。

 

博多オフィスと那珂川オフィスが御座いますので、

ご都合の良い場所をお選び頂き、ご相談頂ければと思います。

 

よくあるご相談項目

・遺言書関連

・遺産分割について

 

弁護士法人菰田法律事務所

■博多オフィス
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2丁目20-1
大博多ビル8階
tel:092-433-8711

■那珂川オフィス
〒811-1254
福岡県筑紫郡那珂川町道善5-19
那珂川士業ビル101号
tel:092-555-7600

 

2015.01.21

弁護士インタビュー記事のスライドショー動画をアップ致しました。

 

皆様、いつもホームページをご覧頂き有難う御座います。

現サイトにある、弁護士インタビュー記事をYouTubeにアップ致しました。

弁護士インタビュー記事スライド動画へ

 

少しでもお気軽にご相談者様のお力になれるように

弁護士による初回無料の相談会を実施しております。

不明点等含め、お気軽にお電話お待ちしております。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

ご相談は、博多オフィス、那珂川オフィスのご希望をお申し付け下さい。

ご相談者様のご都合が良い場所に合わさせて頂きます。

 

 

弁護士法人菰田法律事務所(博多&那珂川オフィス)

公式サイト:https://www.komoda-law.jp/

遺産相続サイト:http://www.law-komoda.jp/
離婚問題サイト:https://www.fukuoka-rikon.jp/
メディカルサイト:http://www.law-medical.jp/

 

2015.01.05

博多オフィス移転のお知らせ

 

新年あけましておめでとうございます。

 

2015年1月より、

博多オフィスが移転致しました。

スペースも広く、ご相談者様とゆったりとお話しができるように

同じ博多区内で移転を致しました。

 

博多駅からも近く、

皆様にとっての利便性を重視致しました。

 

お気軽に、ご相談お待ちしております。

初めてのご相談者様は、ご相談流れのページもご参考下さい。

流れのページへ

 

 

弁護士法人菰田法律事務所・博多オフィス所在地

〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2丁目20-1 大博多ビル8階
TEL:092-433-8711

博多オフィス詳細はこちらへ

 

 

2014.12.09

遺産相続の弁護士報酬(料金)を更新致しました。

 

遺産相続に関する弁護士報酬(料金)を更新致しました。

弁護士による遺産相続については、こちらもご確認下さい。

遺産相続料金表へ

(弁護士法人菰田法律事務所、弁護士による遺産相続サイト

 

弁護士サポートによる料金・報酬については、、

お気軽にお電話にてお問い合わせお待ちしております。

また、初回無料相談も実施しておりますので、

まずは専門家へのご相談をおすすめ致します。

 

1 69 70 71 72 73 74 75 76
WEB予約
オンライン相談ができます
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook