Komoda Law Office News

2016.08.19

37.遺産を売却した際に得た代金の相続性

相続が開始されてから、遺産分割を行うまでの間に、遺産である不動産を売却して得た代金については、相続財産には含まれません。

従って、上記の売却代金は遺産分割の対象とはならず、各共同相続人が各相続分に応じて代金債権を取得することになります。

但し、共同相続人全員が売却代金を遺産分割の対象に含める合意をした場合には、遺産分割の対象とすることができます。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook