Komoda Law Office News

2016.08.08

■監護費用(養育費)の分担

父母は、親権の有無にかかわらず、未成熟子に対して生活保持義務を負っています(民法877条1項)。

したがって、未成熟子又は法定代理人は、扶養請求をすることが可能です。

 それと同時に、父母等は互いに民法766条の規定により、監護費用(養育費)の分担を請求することが可能となります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook