Komoda Law Office News

2016.08.08

■離婚後の親権

父母が婚姻中は、子の親権は父母に帰属し、共同で行使するのが原則となります(民法818条3項)。

しかし、離婚により婚姻が解消された場合には、父母共同で親権を行使させることは不適当なので、民法819条で父母の一方を親権者と定めなければならないと規定されています。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook