Komoda Law Office News

2016.05.26

使用者に対する使用者責任(715条)を問う場合

この請求が認められるためには、加害者に対しての責任が認められた上で、その加害行為が「業務の執行について」なされたこと(業務関連性)が特に必要となります。

業務関連性の有無については、行為の場所・時間、加害者の言動等の職務関連性、加害者と被害者の関係等を考慮して判断することとなります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook