Komoda Law Office News

2016.05.26

パワハラによる法的責任-事業主(会社)の責任

セクハラの場面とほぼ同様に、以下のような責任を負うことがあります。

①安全配慮義務違反による債務不履行責任

(労働契約法第5 条、民法第 415 条、労働契約に基づく契約不履行)

②不法行為に基づく損害賠償責任

(民法第 709 条、契約関係にないものでも負う一般法の責任第 715 条、使用者責任)

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook