Komoda Law Office News

2016.05.17

慰謝料(2)

配偶者に対する慰謝料請求とは別に、配偶者が行った不貞行為(浮気・不倫)の相手方に対する慰謝料請求というのも、場合によっては行うことができます。

 

ただし、そのような請求が認められるには、不貞行為の相手方に不法行為が成立する必要があります。具体的には、相手方が、不貞行為であると知っている(故意)か、あるいは、不注意によって知らずに(過失)、関係をもったということが必要なのです。

 

また、不貞行為を行った一方配偶者(有責配偶者)と、不貞行為の相手方は、共同して一つの不法行為をおこなっているため、責任についても共同で負うことになります。

したがって、慰謝料請求は、有責配偶者と不貞相手とのどちらに対して行ってもよい、ということになります。もっとも、たとえば200万円の慰謝料を請求できるとして、有責配偶者から200万の支払いを受けたならば、不貞相手にはそれ以上請求はできません。つまり、二人ともから200万円ずつ支払ってもらえる、というわけではないことに注意が必要です。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook