Komoda Law Office News

2015.12.01

公正証書を作成する

公正証書とは、法律の専門家である公証人が作成する公文書です。遺言の公正証書や、離婚に伴う慰謝料・養育費の支払いに関する公正証書などがありますが、金銭消費貸借契約についても、公正証書を作成してもらうことができます。公正証書を作成すると、契約の内容(借金の金額、利息の有無、返済の時期、支払いの方法等)について記録がなされ、国の機関に保管されることになります。

そのため、借主が返済を怠った場合、貸主は、この公正証書に基づいて、直ちに強制執行手続きをとることができます。借主としても、契約とは違う利息で請求されているような気がするけれど、契約書をなくしてしまって確認ができない!というような場合には、公正証書で確認することができるので、安心です。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook