Komoda Law Office News

2015.11.17

特定調停のメリット(2)

また、複数の相手に対し借金を負っている場合、すべての借金をまとめて特定調停の対象とする必要がなく、どの貸主と話し合いをしていくのかを自由に選ぶことができる点も、特定調停を利用するメリットといえます。つまり、特に利息の高い業者からの借金や、自動車ローンがついていない借金のみを対象として選択することができます。その結果、対象から外した住宅ローン、自動車ローンについては担保が実行されず、住宅や自動車を手放さずにすむことになるのです。

さらに、自己破産とは異なり“資格制限”がないため、どのような職業の方でも利用できます。これも任意整理の場合と同様です。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook