Komoda Law Office News

2015.04.29

B型肝炎訴訟で立証しなくてはならない事実

B型肝炎訴訟では、集団予防接種等を原因としてB型肝炎ウイルスに持続感染したことを証明しなくてはなりません。

具体的には、

① B型肝炎ウイルスに持続感染していること

② 満7歳までに集団予防接種等を受けていること

③ 集団予防接種等にて、注射器の連続使用があったこと

④ 母子感染でないこと

⑤ その他集団予防接種等以外の感染原因がないこと

これらを証明するために、様々な証拠を提出しなくてはなりませんので、B型肝炎に感染されている方は、一度専門家へご相談ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook