Komoda Law Office News

2019.01.28

商標登録の手順(1)~先行商標調査、出願~

商標登録には、大きく分けて
① 先行商標調査
② 出願
③ 審査
④ 登録

の4つのステップが存在します。

① 先行商標調査は、商標登録を行う上で最も重要なステップです。

既に登録されている商標の中に、自分が登録申請したい商標と同一・類似のものがないかを調べます。この段階ですでに登録されていると分かれば、見込みのない出願をせずに済みます。同一・類似のものが存在しないと確認できたら、商品の区分、指定商品・指定役務を検討します。
文具メーカーがボールペンの名称を登録出願する場合を例に挙げると

【第16類】(主に文房具が属する分類)
【指定商品・役務】ボールペン

と設定すると考えられます。

このように、商標登録の出願には、「商標登録を受けようとする商標」と共に、指定商品・指定役務、その商品を使用する区分の指定が必要です。
  
② 出願は、書類での出願とインターネットでの出願がありますが、書類での出願が主流です。
書類での出願は、

1.指定の様式に沿って商標登録願の作成を行う
2.「特許印紙」を購入し、指定の箇所に張り付ける
3.特許庁へ提出(郵送もしくは窓口への直接持参)
4.電子化手数料の納付

という流れで行います。

 

商標登録、商標権についてお悩みの方は菰田総合法律事務所へ!
博多・那珂川に各オフィスがあるので、お住まいや職場に近いオフィスで相談可能です。
福岡県内(福岡市、那珂川市、大野城市、糸島市…)、佐賀県など九州各県の方もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約
期間限定:TEL・WEBで相談ができます
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook