Komoda Law Office News

2018.05.02

中小事業承継税制 優遇拡大

 政府・与党は2018年度税制改正で、中小企業の世代交代を促すため税優遇を拡大した。承継する非上場株式の全てについて相続税を猶予し、事業を継続する限り現金負担がゼロとなる。 日本は後継者難で2025年には130万社近い中小企業が廃業の危機に陥る見通しだ。政府は、事業承継を円滑に進めるため、今後10年間を集中対応期間とし、中小企業の成長力強化やM&A市場整備などを含む緊急対応策のパッケージを打ち出す。

 事業承継税制とは、経営者の代替わりを後押しするため、非上場株式の相続税や贈与税を一部猶予する制度です。 相続税の場合、改正前は発行済株式総数の3分の2について、税額の8割が猶予の対象となりましたが、18年度改正では猶予できる株数を「全株」に引き上げ猶予条件も緩和されました。 当事務所では、相続に関するご相談を多数承っており、相続税申告までトータルのサポートが可能です。お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook