Komoda Law Office News

2018.04.20

コカ・コーラボトラーズジャパン 東西事業会社を合併

  コカ・コーラボトラーズジャパン(CCBJI)は、2018年1月に傘下の東西事業会社を吸収合併により統合した。清涼飲料事業を担う「コカ・コーライーストジャパン株式会社」、「コカ・コーラウエスト株式会社」、「四国コカ・コーラボトリング株式会社」、「コカ・コーラウエストプロダクツ株式会社」、「コカ・コーラウエスト販売機器サービス株式会社」および「コカ・コーラビジネスソーシング株式会社」を、コカ・コーライーストジャパン株式会社を存続会社とする吸収合併により統合、商号を「コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社」に変更した。飲料市場の競争は激化しており、人手不足で物流コストが増えるなど,事業環境は厳しい。主要子会社の合併により全国的な生産や物流システムの効率化が進み、管理部門の共通化でもコスト削減が見込める。同社は3年後までに計250億円のコスト削減の達成を掲げており,合併により合理化が加速する。

 企業合併は,システムの統合によるコストの削減や,ノウハウの統合によるシナジーの発生等により,企業にとって多大なメリットをもたらすことが可能な手続きですが,一方で,合併相手となる企業の抱えている様々な問題や,露見していないリスクを引き受ける側面もあり,場合によっては企業の存亡にも関わる重要な手続きです。 したがって,合併を行う企業においては,法律に定められた手続きを遵守することはもちろんですが,合併を行う前に,合併相手の情報を十分調査し,合併によって生じるメリットやそれに伴うリスクをできるだけ具体的に分析しておく必要があります。

 当事務所では,こういった企業合併に関する相談も承っておりますので,合併を検討しておられる事業者様はお気軽にお問い合わせください。福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook