Komoda Law Office News

2018.04.19

あおり運転などで摘発 9割弱、高速道で

 「あおり運転」など前方の車との車間距離が不十分だとして、全国の警察が道交法の車間距離保持義務違反で摘発した件数が2016年に7625件あったことが、警察庁のまとめで分かっている。このうち9割近い6690件は高速道路上での違反だった。摘発件数は、15年は8173件、14年は9581件、いずれも高速道路上の割合が8割以上だった。また、あおり運転のほか、割り込まれないようにするため、車間距離を狭めていたケースもあった。車間距離不保持が原因の交通事故は、16年に1229件(うち高速道路上は75件)発生している。

 高速道路での車間距離不保持は、2009年に罰則が「5万円以下の罰金」から「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」に引き上げられています。あおり行為は、加害者が悪質なケースも多く、事故に至った場合に当事者間の協議が難しい場合も多いため、被害に遭われた方は弁護士に相談された方が良いでしょう。

 当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

 福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook