Komoda Law Office News

2018.04.17

薬物犯罪者、社会で更生

 一昨年成立した再犯防止推進法に基づく「再犯防止推進計画」について、有識者らでつくる法務省の検討会は、昨年9月に中間案をまとめた。海外の制度を参考に、薬物犯罪者を刑務所に収容せず、社会で更生させる施策を検討すること等を盛り込んだ。計画期間は2018~2022年度の5年間で、可能な施策は速やかに実施する。実施に検討が必要な場合、単独省庁での施策は原則1年以内、複数省庁にまたがる施策や大きな制度改正を伴うものは原則2年以内に結論を出し、実施するとした。推進法は政府に計画策定を義務付け、法相が計画案を作成するとしている。法務省は昨年10月上旬から中間案のパブリックコメントを実施し、12月中旬に閣議決定した。

 薬物犯罪は、依存性が強く再犯率も非常に高いです。当事務所では、薬物犯罪に関する刑事弁護も承っておりますので、お悩みの方はご相談下さい。

 福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook