Komoda Law Office News

2017.09.14

〇自転車通学事故 4割が高1

高校生の通学中の自転車事故のうち43.8%が1年生。「自転車の安全利用促進委員会」が2015年の全国の事故例を分析した結果,こんな実態が明らかになった。特に1年生の事故件数が急増するのは5~6月。同委員会は「通学への慣れから注意力が落ちた可能性がある」と指摘する。交通事故総合分析センターの統計から調べた。都道府県別では静岡が742件で最多。埼玉(714件),愛知(687件)が続いた。静岡は,自宅と事故現場が2キロ以上離れていた件数も全国ワースト。同委員会は「自転車の通学時間が長いことから事故が頻発しているようだ」とみている。

2012年~16年の5年間に交通事故で死傷した中高生のうち,約6割が自転車に乗っているときに事故に遭っているというデータもあります。自転車を運転する機会の多い中高生は,事故に巻き込まれる危険性が高いといえるでしょう。 また,歩行者をはねてしまうなど,自転車を運転する側が加害者となる事故も多く起きています。自転車保険に加入していない場合は,高額の損害賠償を支払うことになる恐れもあります。

当事務所は,交通事故に関するご相談も承っておりますので,お悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook