Komoda Law Office News

2017.08.04

○内定率早くも63%

企業が学生に内々定を出す時期がますます早まっている。
経団連が定める面接選考の解禁日は6月1日であるが、就職情報サイトのディスコが6日に発表した2018年大学・大学院卒業予定者の6月1日時点の内定率(内々定を含む)は、63.4%と前年同期比8.5ポイント増えた。大手の選考活動が解禁されたばかりだが、学生優位の「売手市場」が年々過熱する中、既に5人に3人の学生が内々定を得ている実態が明らかになった。また、内々定を得た学生のうち54.6%が「就職活動を続ける」と答えている。複数の内々定を持つ学生も多く、今後は内定辞退が相次ぐ見通し。

 内定が出されると、法的には労働契約が成立していることになります。しかし、労働者には退職の自由もあるため、正社員などの期間の定めの無い労働契約の場合は、いつでも解約ができ、解約後2週間で労働契約は終了します。しかし、悪質な企業の場合は、内定辞退を認めなかったり、損害賠償請求をしてくる場合もあります。
 当事務所は労務問題を多数取り扱っていますので、内定を巡るトラブル等でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook