Komoda Law Office News

2017.08.03

○トラック運賃適正に 待機時間など対価反映

国土交通省がトラック運送の事業環境の改善に乗り出す。運賃を決める際の規定に待機時間や荷物の積み込みを加え、運賃の適正化を促す。
国交省の調査では、運送業界の約3割が積み込みや待機時間に関する料金を荷主から得られていない。同省は、運賃対象の業務範囲が不明確で「どんぶり勘定」が目立つと判断し、約款の改正で「運賃は貨物運送の対価」と明記した上、「待機時間料」や「積み込み料」を輸送サービス料金メニューに盛り込み、トラック事業者と荷主が書面で確認するよう明記する。
総合物流施策大綱の改定は5年ぶりで、今夏に大綱を閣議決定する。なお、運賃の見直しは企業間の配送を対象にしており、宅配や引っ越しなどの個人向け業務は含まれていない。

今回の約款は運賃を定める際のひな型となり、約款に従わない場合、国交省による業務改善命令等が予定されるため、本件大綱改定により、トラック事業者側の運賃の適正化が大幅に図られると思われます。
当事務所は、賃金請求に関するご相談も多数承っておりますので、お困りの際はご相談ください。
福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120‐755‐687)までお問合せください。

WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook