Komoda Law Office News

2015.04.02

B型肝炎で死亡した人の相続人は?

世の中に、予防接種でB型肝炎になった方は45万人いると言われています。

そして、母子感染を含めれば、その人数はもっと多くなるでしょう。

しかし、両親がB型肝炎だったけども、すでに死亡してしまったという人も少なくないようです。

そのような場合は、相続人の方々が給付金を請求できることとなっていますので、決して諦めず、ご両親が苦しんだ分をきっちり給付金として受け取っておきましょう。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

2015.04.02

B型肝炎の給付金とは?

みなさん、子供のころに予防接種を受けていますよね。

この予防接種でB型肝炎ウイルスに感染し、その後も持続的に感染している人に対し、国は、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」という法律に基づいて給付金を出しています。

ちなみに、この給付金は、平成29年1月12日までに申請しなくてはもらえません。

訴訟提起にも一定の準備が必要である以上、ご自身がB型肝炎で、この給付金にご興味をお持ちの方は早めにご相談に来られることをお勧め致します。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

1 2
WEB予約
アプリ
Komoda Law Office NewsYouTubeFacebook